女性の仕事と子供

皆さんは、女性の出産についてどう感じていますか。出産という物は女性にしかできない大切な女性の仕事だと思うのです。今は、皆当たり前のように毎日を生きていますよね。しかし、女性が居なければこの世に出てくることすらできないのです。そう考えると凄い事だと思いませんか。もちろん、男性が居なければ妊娠する事が出来ないのですがその男性も女性(母親)が居なければこの世に生まれてくるという事は出来ないのです。

少し考え方を変えてみると、男性を作るのは女性だという事が出来るのではないかと思います。実際出産を経験した女性からは、「感動という言葉に尽きる。」という感想を頂いていますが、本当にその通りなのだと思います。自分の子どもの人生のスタートを自分自身で始める事が出来るのですから、出産という物はとても覚悟のいる事ですよね。子どもをこの世に送り出して「さよなら。」というわけにはいかないのですから。こう考えてみると、女性の一生には本当にたくさんの出来事があり「女性にしかできない女性の仕事」がたくさんあるのですね。わが子が生まれてくると、夫婦ともに「この子を守らなければいけない。」という気持ちが強くなるのだと言います。大切なわが子の人生をスタートさせたという事の意味を私たちは無意識のうちに感じているのではないでしょうか。
出産は、死ぬほど痛いと言いますがそれ以上に想像もできないほどの喜びに変わるのだと言います。女性は強い生き物なのですね。出産後の日本の支援制度は、共稼ぎが必要な今日では本当に必要且つ最低限の支援だと思っています。さらには育児休暇を1歳までとせず、3歳まで、事情があれば取得できるようにしてほしいという気持ちを持っています。子供の病気や障害を抱えることが多い背景があり、どんな人にも支援が延びる策を考えてもらえたらと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.